田ノ実 Tanomi

六月三十日は夏越の祓

 旧暦六月の晦日(みそか)(三十日)に行われる大祓を夏越(なごし)の祓(はらえ)と言います。元は六月と十二月の晦日の二回にわたり宮中で行われていましたが、後に民間に広がり、いつの頃からかもっぱら六月の祓だけが行われるようになりました。夏越の祓を行うのは、御祭神(ごさいしん)が荒ぶる神「スサノオノミコト」である出雲系の神社が多いと言われます。夏越の祓では茅の輪(ちのわ)潜りが一般的ですが、これはスサノオノミコトがヒンドゥー教の荒ぶる神「牛頭(ごず)天皇(てんのう)」と習合した同一神とされていることや、「蘇民将来(そみんしょうらい)」の逸話に由来します。

大宮氷川神社の茅の輪

その昔、疫病神が山の中をさまよった際に、裕福な弟の巨(こ)旦(たん)将来(しょうらい)は疫病神を追い払ったが貧しい兄の蘇民将来は粗末ながらも歓待しました。疫病神は蘇民の娘に茅の輪を与え、蘇民将来の一族以外を滅ぼしました。この疫病神の「山の中を彷徨う」という部分がスサノオノミコトのキャラクターと重なり、さらにスサノオノミコトと牛頭天王は同一神とされていたため、蘇民将来の逸話の重要なアイテムである茅の輪が夏越の祓の中においても重要視されるようになったものと思われます。茅の輪は鳥居に設置して潜るものだけでなく、腰につけたり首にかけたりする小型のものもあり、出雲では首にかけられる小さなものを注連縄のように戸口に飾る風習があります。

 荒ぶる神はその霊力も強く、丁寧に祀れば災厄をよけてくれると信じられています。厄除けのために行われる各地の夏祭りの中でも、有名なものは夏越の祓に続く京都の祇園祭や、博多祇園山笠でありますが、これらの祭りを執り行う神社の御祭神は「牛頭天皇」や「スサノオノミコト」です。祇園祭では「蘇民将来子孫也」の護符(お札)を身につけて祭りに奉仕しますが、これには上述した逸話に基づく厄除けの祈りが込められています。夏越と対を成す年末の大祓である大晦日には、「蘇民将来子孫也」と書いたお札付の茅の輪を戸口に飾る習慣を持つ地方もあります。  ちなみに祇園祭の期間中は胡瓜を食べてはならないと言われています。これは祇園祭の中心である八坂神社の紋が胡瓜紋という胡瓜を輪切りにしたものであるからという説が有力です。博多祇園山笠では博多っ子が比較的厳格にこれを守っているのに対し、京都の祇園祭ではかなり緩やかであると聞きます。

監修:瓜生中

参考文献:
・宮田登『暮らしと年中行事』 吉川弘文館
・宮田登『カミとホトケのあいだ』 吉川弘文館

バックナンバー

田ノ実 自由が丘店

田ノ実自由が丘店は、日本各地のおいしいものと、それを楽しむ器や雑貨を集めたお店です。
素材のおいしさを味わうカフェも併設しています。食べる、知る、贈る、伝える楽しさをぜひご体験ください